インプラント歯科ガイド東京

HOMEへ戻るメール相談

デンタルオフィス八丁堀
>>八丁堀駅すぐ

竹芝サウスタワー歯科
>>ゆりかもめ竹芝駅すぐ

衛生士ブログ

審美歯科、インプラントを専門とする歯科医の日記

インプラント専門医ブログ

インプラントとそのメリット 歯が入るまでの流れ
気になる費用は? 他の方法との比較
痛くないインプラント治療 Q&A
画像
インプラント治療を受けれる東京近郊の歯科医院はこちらプライバシーポリシー

痛くないインプラント

痛くない治療を行うために様々な方法も用います。

 
麻酔薬
保存した麻酔薬が冷たいと体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じ痛いと感じます。当院では、手間はかかりますが必ず、痛くないように体温に近い37度に麻酔の液を温めてから使用しています。 麻酔薬 画像
表面麻酔
局所麻酔を行う際の、針を刺すポイントの粘膜にゼリー状の麻酔薬を塗布し、感覚を鈍化させる方法です。
小児歯科では必須ですが、当院ではすべての方に使用します。
表面麻酔 画像
局所麻酔

痛くない部分に麻酔をする

お口のなかは麻酔の痛みを感じやすい部分とそうでない部分があります。
麻酔針の刺入点は痛みの出にくい部分を選ぶことにより、より痛みの少ない麻酔を行うことができます。

麻酔液の入る速度

麻酔の液を一気に入れると圧がかかり、歯肉の中の組織(骨膜)がはがれたりすると押されるような痛みが出ます。
無痛治療のためには、電動注射器を使用することによりゆっくりとかつ一定の速度で麻酔を入れていきます。

 
笑気吸入鎮静法
笑気吸入鎮静法で使用する薬剤は中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸、循環、反射機能を抑制することはなく、あくまで患者さんの意識は保たれた状態にあります。
思考に関しては、その統合が困難になり、そのことが恐怖心をつくれなくします。
そこで患者さんは恐怖心や不快感といった精神的ストレスから開放され、穏やかな表情を呈し、リラックスした状態になります。
目は半眼状態で、呼びかければ開眼し、開口や咬合などの指示に従うことができます。局所麻酔などの疼痛刺激に対しては患者さんの感じる痛みは比較的経度に抑えられます。
また、時間の経過をあまり気にしなくなり、治療時間が長くなっても治療を受け入れる事ができ、痛みや不快感、疲労感を治療後には忘れさせてしまいます。
実際に患者さんが経験する状況としては、おおむねお酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感があります。お酒が苦手な方はこの方法も苦手な方が多い傾向があります。
完全に無痛ではありませんが、痛くない方法のひとつです。
笑気吸入鎮静法 画像
 
静脈内沈静法

究極の無痛の歯科治療法ともいえるのが静脈内鎮静法を使用した治療です。

麻酔専門医が担当となり全身状態を管理の上うたたね状態で治療されたことも忘れてしまう画期的な方法です。
静脈内鎮静法とは、かんたんにいうと局所麻酔と全身麻酔の中間に当たる処置です。点滴により、麻酔薬、鎮痛薬などを用い、不安や記憶がほとんどない眠ったような状態にコンロールして治療を行う方法です。全身麻酔は、麻酔医によって完全に眠った状態で処置を行ないますが静脈内鎮静法は全身麻酔ではありませんので意識はありますが苦痛や不安を取り除かれ、半分眠ったような状態で気付くと処置が終わります。専門の麻酔医によって心電図、血圧、心拍数、血中飽和濃度などの全身状態をモニタリングしながら行ないますの安全性も高い方法です。
インプラント治療をはじめ、抜歯、通常の歯科治療にも使用可能です。

静脈内鎮静法のメリット

  1. 術中の不快感や不安もなく、落ち着いた気分で無痛治療が可能です。
  2. 治療中の痛みや記憶がほとんどありません。
  3. 治療後も「もう終わったの」と時間が短く感じます。
  4. 全身管理を行いながらの治療のため、体の変化にすぐ気がつきます。
  5. 気分が落ち着いた状態での治療のため、血圧や心拍数も安定します。

静脈内沈静法 画像

静脈内沈静法 画像

下記医院で詳しい説明を受けることができます
◆竹芝サウスタワー歯科
◆デンタルオフィス八丁堀
↑痛くないインプラント トップページ

インプラントとそのメリット気になる費用は?痛くないインプラント治療歯が入るまでの流れ
他の方法との比較Q&Aプライバシーポリシーリンク集メール相談HOMEへ戻る
   
Copyright (C) インプラント歯科ガイド東京. All Rights Reserved.